古宮漁港

d09古宮漁港
東波止から見た西波止

 

「古宮漁港」は「はりまシーサイドドーム」の西にあります。東西に波止があり、西波止先端には常夜灯が設置されていますが、入釣者は比較的少ない釣り場です。大物実績はないようですが、サビキ釣りでアジやイワシが釣れるポイントなので、自転車で来て晩のオカズを狙う常連の釣り人が多いように見えます。

 

当サイトでは
東波止
西波止

を紹介します。

 

 

東波止

d09古宮漁港
東波止付け根から先端方向

 

「はりまシーサイドドーム」側の東波止は沖向きにテトラ、港内向きに敷石が入っています。低潮位時にはテトラや敷石が露出し取り込み難くなるため、高潮位時の釣行がオススメ。沖向きのテトラは乱雑に積まれているため、足場は悪く、注意が必要です。沖向きの沈みテトラ付近はアイナメやカサゴなどの根魚の魚影が濃いので、探り釣りで狙うとボウズになることは少ないと思います。小型のセイゴやチヌ、メバルも多いので、テトラ沖をウキで流すのも面白いです。

 


 

d09古宮漁港
東波止付け根から東に続くテトラ帯

 

d09古宮漁港
付け根から見た港内

 

d09古宮漁港
同上から見た西波止付け根方向

 

d09古宮漁港
同上から付け根向き

 

d09古宮漁港
同上のテトラ沖はこんな感じ

 

 

西波止

d09古宮漁港
東波止先端から見た西波止

 

西波止は付け根から先端まで周囲に敷石が入っており、高潮位時が取り込みやすいです。比較的根魚が多いポイントですが、型はイマイチ。常連の釣り人がサビキ釣りでアジやイワシ、ウキ釣りでセイゴやチヌを狙っているのをよく見かけます。

 

 

古宮漁港

兵庫県加古郡播磨町古宮

 

前の釣り場-本荘人工島

 

次の釣り場-二見港と二見人工島