二見港と二見人工島

二見人工島の西岸一帯は釣り禁止ですが、東岸~南岸や北西にある二見漁港では釣りができます。当サイトでは東から

 

二見港
二見人工島白灯の波止~二見人工島東岸
二見人工島南岸

 

として紹介します。

 

 

二見港

d06二見港東
東波止付け根から先端向き

 

二見港は二見人工島の北西にある港です。港では赤灯のある東波止、中波止、東二見橋下の護岸から釣りをすることができます。

 

一番大きいのが赤灯のある東波止で、波止の東向きにテトラがびっしり入っていて足場は良くありません。しかし港内向きは係留船が多く釣り難いので、多くの釣り人はテトラ上から竿出ししています。ウキ釣りでサヨリ、チヌ、ハネが狙えるほかエギングでイカを狙う釣り人が多いです。投げ釣りではキスやベラがよく釣れますが足場が悪いのでキャスト時は特に注意が必要です。

 

波止先端は係留船がなく釣りやすいですが、船の往来が多いのでトラブルのないように気をつけましょう。港内向きは船が多く釣りは控えたほうが無難です。

 

次に中波止ですが、東向きにはテトラ、西向きには係留船が多く、釣り難いです。先端付近にもテトラが入っているため、オススメできません。入釣者は少ないのでのんびり釣りたい人にはいいかも。

 

東二見橋下の護岸からも釣りをすることができます。足場は良く釣りやすいのですが、船の往来が多いので注意が必要です。夜は橋のライトのおかげで比較的明るく、アジやハネが集まりやすいので夜釣りにオススメのポイントです。

 


 

d06二見港東
東波止先端付近。写真上側の波止が「二見人工島白灯の波止」

 

d06二見港東
同上から付け根向き

 

d06二見港東
同上から見た「東二見橋」

 

d07二見港東
中波止付け根から先端向き

 

d07二見港東
中波止から見た「東二見橋下の護岸」

 

d07二見港東
同上から見た「二見人工島白灯の波止」

 

d07二見港東
同上先端付近から付け根向き

 

d07二見港東
同上から見た「東波止」付け根付近

 


 

二見人工島白灯の波止~二見人工島東岸

d08二見人工島
二見人工島白灯の波止

 

二見港の南、東二見橋を渡ってすぐの場所にあるのが「二見人工島白灯の波止」です。ココは潮が緩く足場も良い上、係留船もないので非常に釣りやすく、家族でサビキ釣りを楽しむ姿をよく目にします。他にもウキ釣りでサヨリ、チヌ、セイゴ、投げ釣りでカレイやキス、ベラ、エギングでイカ、テンヤでマダコも狙えるため、一年中釣り人の姿が絶えない釣り場です。

 

白灯の波止から南岸までの護岸は沖向きにテトラが入っています。足場は悪いですが立入禁止にはまだなっていないようで、多くの釣り人がウキ釣りや投げ釣り、エギングなどを楽しんでいます。

 

d08二見人工島
白灯の波止付け根から北向き

 

d08二見人工島
同上から南向き

 

d08二見人工島
同上から先端方向

 

d08二見人工島
白灯の波止中間付近から見た「東二見橋」

 

d08二見人工島
同上から見た「二見人工島東岸」

 

 

d08二見人工島
白灯の波止先端付近

 

d08二見人工島
同上

 

d08二見人工島
先端手前から付け根方向

 

d08二見人工島
二見人工島東岸中間付近から北向き

 

d08二見人工島
同上

 

d08二見人工島
同上から南向き

 


 

二見人工島南岸

d08二見人工島

 

東二見南岸は潮流が速く水深があるため青物やスズキ、タチウオ、ヒラメが狙えるポイントとして人気があります。また早場カレイのポイントとしても有名で、9月半ばから投げ釣りでカレイを狙う釣り人が増えてきます。テトラ付近でのウキ釣りや探り釣りでアイナメやカサゴ、サヨリ、チヌが釣れ、投げ釣りではカレイの他にキスやベラも釣れます。

 

釣り場は広くポイントを絞り難いですが、東西のコーナー部分は潮の変化があり魚が集まりやすいのでオススメです。

 

 

二見港と二見人工島
↓右上が「二見港」と「二見人工島白灯の波止」、マークポイントが「二見人工島」の東岸と南岸

「二見港」兵庫県明石市二見町東二見
「二見人工島」兵庫県明石市二見町南二見

 

前の釣り場-古宮漁港

 

次の釣り場-魚住漁港

 

 

先頭へ戻る