坪根漁港

h15坪根漁港
坪根漁港全景

 

坪根漁港は相生発電所の南にあり、「カキ小屋」や「カキの直売所」目当てに訪れる人が多いですが、釣りをすることもできます。

 

当サイトでは

 

長波止
短波止と港内岸壁

 

を紹介します。

 

 

長波止

i05坪根漁港
長波止中央付近から先端方向

 

長波止は沖へ向かって伸びており、足場も良いのですが、波除けの幅はやや狭いので、波除けに上がる場合は注意が必要です。頭上に電線はなく、竿を振りやすいですが、沖向きにイカダや網がしばしば入ることも多いので、無理な釣りは控えましょう。2019年6月時点では波止先端で釣りをすることができますが、船の往来に注意し、トラブルのないように気をつけてください。

 

長波止からは高水温時に紀州釣りでチヌを狙う釣り人やサヨリ狙いの釣り人が多いです。岸壁際を探ったりウキで流すとアイナメやカサゴ、タケノコメバルが釣れ、投げ釣りでカレイやキス、ベラも釣れます。サビキ釣りでアジやイワシも釣れるので、いろいろな釣りに対応できる仕掛けを準備しておきましょう。

 

i05坪根漁港
長波止付け根から先端向き

 

i05坪根漁港
付け根横にあるテトラ帯の足場は悪い

 

i05坪根漁港
同上

 

i05坪根漁港
同上をもう1枚

 

i05坪根漁港
足下にエイがいました

 

 

i05坪根漁港
長波止先端部

 

i05坪根漁港
同上から付け根向き

 

i05坪根漁港
同上から見た港内

 

 

短波止と港内岸壁

h15坪根漁港
短波止

 

短波止や港内岸壁からも釣りをすることができます。短波止は係留船が多いので船やロープに引っ掛けないように気をつけましょう。入釣者が少ないためかカサゴやタケノコメバルがよく釣れるポイントです。

 

港内岸壁からはサビキ釣りでアジやイワシを狙う釣り人が多いです。車を横付けして釣ることもできますが、港湾関係者の邪魔になるのでオススメできません。また冬季のカキシーズンは岸壁付近はカキの水揚げがありトラブルになりやすいので、釣りは控えましょう。

 

h15坪根漁港
港内岸壁

 

 

坪根漁港
↓地図マークポイントが「坪根漁港」の「短波止」、右側が「長波止」

兵庫県相生市相生坪根

 

前の釣り場-坂越周辺

 

次の釣り場-野瀬埠頭

 

 

角形なので袋のインスタント麺がすっぽり入るよ!