尾崎漁港

c09尾崎漁港
北のL字型波止コーナー部分から見た西波止方向

 

「尾崎漁港」は淡路島中西部にあり、「北淡インター」と「津名一宮インター」の中間付近に位置するため、釣り人はやや少なめです。港のすぐ隣には「尾崎海水浴場」があり、夏場は多くの海水浴客で賑わいます。

 

「尾崎漁港」にはいくつか波止がありますが、当サイトでは

 

西波止
北のL字型波止
尾崎海水浴場の波止

 

として紹介します。

 

 

西波止

c09尾崎漁港
西波止付け根付近から先端向き

 

当サイトで紹介する「西波止」とは、港の沖側にある赤灯の長波止を指します。沖向きには付け根から先端までテトラが入っています。テトラ上から釣りができますが、テトラは乱雑に積まれており、足場は悪いです。テトラ付近は根魚が多く、ウキ釣りでアイナメ、カサゴ、カワハギ、チヌ、ハネ、メバルの実績があります。投げ釣りは淡路島西部の釣り場らしく、沖向きで大型カレイの実績がありますが、北西風を正面から受けることになるので、天気予報はしっかりとチェックしましょう。投げ釣りでは良型キスの実績もあり、近年はエギングでイカを狙う釣り人が増えました。

 

北西風が強く、テトラから沖向きで釣り難い場合は港内向きでの釣りがオススメ。正面から受けるのに比べれば、背中から風を受ける形になるため、かなり釣りやすいと感じるはずです。ただ西波止とL字型波止の比較的狭い水道部を漁船が往来するので、エンジン音には注意が必要です。

 

c09尾崎漁港
西波止付け根付近から見た港内

 

c09尾崎漁港
西波止付け根付近にある枝波止

 

c09尾崎漁港
同上から先端向き

 

 

c09尾崎漁港
西波止先端手前から

 

c09尾崎漁港
西波止先端から付け根方向港内側

 

c09尾崎漁港
同上沖側

 

 

北のL字型波止

尾崎漁港の北側から南の港内方向へ逆L字型に伸びているのが、当サイトで紹介する「北のL字型波止」です。沖向きにはカクカクしたテトラが乱雑に積まれており、テトラ上は足場はイマイチです。

 

「北のL字型波止」周辺は砂地でかなり浅いため、大型実績は乏しいです。港内向きは係留船やロープが多い場所もあるので注意してください。また上述しましたが、西波止との水道部はやや狭く、船の往来が多めなので、気をつけましょう。

 

c09尾崎漁港
コーナー部の沈みテトラ

 

c09尾崎漁港
コーナー部に残された墨跡

 

c09尾崎漁港
同上から付け根方向

 

c09尾崎漁港
中間付近から見た「西波止先端」

 


 

c09尾崎漁港
L字型波止先端付近の継目から見た港内

 

c09尾崎漁港
同上から付け根方向

 

c09尾崎漁港
同上から見た「西波止先端」

 

c09尾崎漁港
同上周辺は浅い

 

c09尾崎漁港
同上の港内向き

 

c09尾崎漁港
もう1枚

 

c09尾崎漁港
同上から見た「L字型波止」外側のテトラ帯

 

 

尾崎海水浴場の波止

c09尾崎漁港
西波止から見た「尾崎海水浴場の波止」

 

西波止付け根の南側には「尾崎海水浴場」があり、西波止の付け根付近から石積み波止が伸びています。この波止は整然と積まれており、足場はかなり良いですが、夏場は多くの海水浴で賑わうので、釣りは控えましょう。

 

周辺は浅いですが、カレイ、キス、チヌ、ハネ、ベラの実績があります。近年はエギンガーの姿をよく目にするのですが、イカが釣れたら墨跡は必ず流して帰るようにしましょう。釣ってる時は気にならないかもしれませんが、墨跡は乾くと悪臭を放つので、墨を掃かれて汚してしまったら、すぐに流すようにしましょう

 

 

尾崎漁港
↓中央上が「北のL字型波止」、左が「西波止」マークポイントが「尾崎海水浴場の波止」

兵庫県淡路市尾崎

 

前の釣り場-郡家港

 

次の釣り場-室津漁港

 

 

 

先頭へ戻る